『あらゆる痛みに対応できるクリニックをめざして』

痛みの種類にはいろいろあります。『足首をひねってしまった』 『転んでぶつけてしまった』などがわかりやすいですが、多くの痛みの多くははっきりとした原因がなく起こっています。

痛みの専門家としてそのような症状の方に多数接し、既存の治療法等を行っていました。当然ながら症状が変わらない方もおられ、今まで学んできた医療の限界を感じる場合もありました。そのため何か良い治療は無いかと学会・講習会などに参加していたところ、ある日骨盤の関節を調整する治療法に出会いました。私自身もMRI等で原因がはっきりしない腰痛を2年ほど持っていたため、半信半疑でその治療を受けたところその場で症状が軽くなったことから、その治療方法を学び始めました。

現在その骨盤の関節の治療を実践しているため、『治療をしているのになかなか良くならない』、『手術をしたのに良くならない』等の症状があれば是非ご相談ください。今まで困っていた症状が軽くなるかもしれません。

特に交通事故による様々な症状は、衝突による骨盤の関節の障害が原因なっていることがとても多いと感じています。電気治療やマッサージでその場では良いが、帰るころには症状が戻るといった場合には是非ご相談ください。

また当然ながら整形外科専門医として、通常の骨折、靱帯損傷、捻挫の治療も行っています。

痛みの原因には、先ほど述べた骨盤の関節の問題、打撲・捻挫・骨折等の外傷、更に体の中から攻撃を受けるリウマチなどの自己免疫性の病気もあります。幸い2年間の関節リウマチの専門病院での治療を通して、それらの治療も行っています。世界でスタンダードなメソトレキセートの治療を中心に、患者様にあった治療方法を提案したいと思っています。

また上記の補完法として漢方薬治療も行っています。冷えや血流のうっ滞などを手掛かりに、こちらも一人一人に最適な治療を提供できればと考えています。

なお受診後より高度な専門病院での治療がふさわしいと判断した場合、近隣の病院、都内大学病院、痛みの場所に応じた専門病院に紹介させていただくこともできます。

今後痛みの治療のエキスパートとして貢献できればと思っています。よろしくお願いします。

井出野 太一

主な略歴

国立三重大学医学部卒業

横浜南共済病院 スポーツ整形外科

横浜市立大学付属市民総合医療センター リウマチ膠原病センター

横浜市立大学付属市民総合医療センター 整形外科

神奈川県立こども医療センター 整形外科

資格

日本整形外科学会 専門医

日本リウマチ学会 専門医

日本東洋医学会 会員

AKA学会 会員

診療時間